徳川園

【ここからメインメニュー】

[メインメニューを飛ばして本文へジャンプ]

トップページ

【ここから本文】

徳川園の四季

現在の位置:トップ > 徳川園の四季 > 秋の花

秋の花

代表的な花々

1.ヒガンバナ
ヒガンバナの写真
場所:菖蒲田付近
曼珠沙華(まんじゅしゃげ)とも呼ばれる多年草です。毎年、ちょうど秋のお彼岸頃に赤色の花を咲かせるます。
2.カナメモチ
カナメモチの写真
場所:瑞龍亭
別名はアカメモチ、ソバノキ。名前の由来は扇の要に使ったという説がある。また別名のアカメモチは若葉が赤いことから。
3.ナンテン
ナンテンの写真
場所:黒門口付近、牡丹園内
「難転」に通じるためか、縁起物に使われ、歴史は古い。
4.ニシキギ
ニシキギの写真
場所:瑞龍亭東側
紅葉が見事でモミジ・スズランノキと共に世界三大紅葉樹に数えられる。別名、ヤハズニシキギ。

5.ハクサンボク
ハクサンボクの写真
場所:黒門口付近
暖地を好むので、なぜ白山の名があるのか解らない。
別名、イセビ。
6.センリョウ
センリョウの写真
場所:四睡庵北側
名前の由来の千両という意味は金額がとてつもなく多く、価値が非常に高いことの代名詞として使われていた。
7.ツワブキ
ツワブキの写真
場所:龍仙湖周辺
名前の由来は葉がつやつやしているため、「艶蕗(つやふき)」と呼ばれ、それがなまって「ツワブキ(石蕗)」となったといわれる。
8.マルバシャリンバイ
マルバシャリンバイの写真
場所:大曽根口付近等
名前の由来は枝が輪状に出て、花が梅に似ていることから。

9.フヨウ・スイフヨウ
フヨウ・スイフヨウの写真
場所:四睡庵西側
名前の由来は酒飲みの顔がだんだん赤くなってくることに例えたとされる。
10.キンモクセイ
キンモクセイの写真
場所:大曽根口
江戸時代に中国から到来した。秋になると、小さいオレンジ色の花を無数に咲かせ、芳香を放つ。
11.タカノハススキ
タカノハススキの写真
場所:中島
横に白い斑が入るタカノハススキはゼブラグラスともいい、最も多く普及している。
12.ヤブラン
ヤブランの写真
場所:四睡庵南西側他
名前の由来は林縁などの藪(やぶ)に自生して、葉が蘭に似ていることから。

13.コムラサキ
コムラサキの写真
場所:虎仙橋付近等
名前の由来はびっしりと実のついた様子の「紫茂実」、あるいは「紫敷く実」からきたのだと言われる。
14.ホトトギス
ホトトギスの写真
場所:瑞龍亭
名前の由来は花の点々が不如帰(ホトトギス)の羽の模様(胸)に似ていることから。
15.シュウメイギク
シュウメイギクの写真
場所:蓬左文庫前
花京の人が重陽(ちょうよう)の節句に貴船神社を拝したときに、神社の奥でシュウメイギクを発見したため、別名貴船菊ともいわれる。
16.ミヤギノハギ
ミヤギノハギの写真
場所:瑞龍亭、中島
名前の由来は宮城県仙台市の宮城野という地名から。

花ごよみ

秋の花の開花情報を示した花ごよみ

植栽場所

秋の花の植栽場所を示した地図

ページの先頭へ

【ここからフッタエリア】

【徳川園事務所】
指定管理者:名古屋市みどりの協会・岩間造園グループ
電話番号:052-935-8988 ファックス番号:052-937-3847
電子メールアドレス:tokugawaen@utopia.ocn.ne.jp
全てのお問い合わせにお答えできない場合もございますのであらかじめご了承ください。

ダウンロードサイトマッププライバシーポリシー免責事項

Copyright (C) 2006 Tokugawaen. All rights reserved.