徳川園

【ここからメインメニュー】

[メインメニューを飛ばして本文へジャンプ]

トップページ

【ここから本文】

徳川園の四季

現在の位置:トップ > 徳川園の四季 > 春の花

春の花

代表的な花々

1.ボタン
ボタン5品種の写真
場所:牡丹園他
原産は中国で、日本には西暦700年代(奈良時代)に渡来したといわれています。品種数も多く、花色もさまざまで、そのあでやかさは格別です。中国では、元は薬用に栽培されていましたが、唐代以降、牡丹は「花の王」として他のどの花よりも愛好されてきました。
2.エゴノキ
エゴノキの写真
場所:美術館前
下向きに付く可憐な花が特徴的。果皮にはエゴサポニンが含まれていて、新鮮な果実を洗濯石鹸の代わりにできる。

3.エビネ
エビネの写真
場所:四睡庵南側
昭和50年代に流行し、さまざまな色変わりが見出された。名前の由来は根茎の形による。
4.カキツバタ
カキツバタの写真
場所:菖蒲田北側
愛知県の県花である、これを『伊勢物語』で在原業平が詠ったとされる。
5.ヤマブキ
ヤマブキの写真
場所:瑞龍亭西側、虎仙橋
一重と八重とがあり、八重咲きのものは結実しない。英名、ジャパニーズローズ。
6.アマドコロ
アマドコロの写真
場所:大曽根の瀧
もともと山野に生育する種。若芽、根茎ともに食用とされ美容によいとされる。

7.サワフタギ
サワフタギの写真
場所:虎の尾
晩春に虎の尾(渓流)をふさぐように枝が伸びる。名前の由来は沢の蓋となる木から。
8.シャガ
シャガの写真
場所:大曽根の瀧、虎仙橋
中国原産でかなり古くに日本に入ってきたものと考えられている。
9.シロヤマブキ
シロヤマブキの写真
場所:瑞龍亭西側等
山吹と同科で雰囲気もよく似るが、花弁の数が山吹(一重)が5枚なのに対し、シロヤマブキは花弁が4枚。
10.タニウツギ
タニウツギの写真
場所:虎の尾
田植えの時期に咲くことからタウエバナの別名がある。

11.ツツジ
キリシマツツジ、ヒラドツツジ、ミツバツツジ、モチツツジ、サツキツツジの写真
場所:龍仙湖周辺(キリシマツツジ、ヒラドツツジ、サツキツツジ) 四睡庵西側(ミツバツツジ) 四睡庵南西側(モチツツジ)
春を代表する木。種類によって花の色も赤、白、桃色などさまざま。また開花時期も異なり、長い期間楽しめる。
12. ドウダンツツジ
サラサドウダン、ドウダンツツジの写真
場所:四睡庵西側
ちょうちん型の花が特徴的なツツジ。名前の由来は枝の伸び方が灯台(室内用照明)のようであることから。

13.ハクウンボク
ハクウンボクの写真
場所:虎の尾
この名前からか寺院によく植えられている。エゴノキと似る下向きの白い花をつける。名前の由来は白い雲が多数木にかかったように見えることから。
14.ヒトツバタゴ
ヒトツバタゴの写真
場所:四睡庵南側
かわいらしい花が木全体につく。日本では愛知県、岐阜県、対馬にのみ自生する珍木。別名、なんじゃもんじゃ。
15.ヤマボウシ
ヤマボウシの写真
場所:虎仙橋、大曽根の瀧
アメリカハナミズキの原種。アメリカハナミズキと比べ半月ほど遅くに開花。野趣あふれる。
16.リキュウバイ
リキュウバイの写真
場所:四睡庵南側
茶花としてよく用いられる。名前の由来は、茶花にふさわしいため茶人の千利休にちなんでいる。

花ごよみ

春の花の開花情報を示した花ごよみ

植栽場所

春の花の植栽場所を示した地図

ページの先頭へ

【ここからフッタエリア】

【徳川園事務所】
指定管理者:名古屋市みどりの協会・岩間造園グループ
電話番号:052-935-8988 ファックス番号:052-937-3847
電子メールアドレス:tokugawaen@utopia.ocn.ne.jp
全てのお問い合わせにお答えできない場合もございますのであらかじめご了承ください。

ダウンロードサイトマッププライバシーポリシー免責事項

Copyright (C) 2006 Tokugawaen. All rights reserved.